『フルメタ』アニメスタート。テッサの後日譚を読んで振り返ってみる

 

『フルメタ』アニメスタート。テッサの後日譚を読んで振り返ってみる

 

とても、久しぶりの投稿になります。
kodakenです。

今回は『フルメタルパニック』アニメ前に短編作品の
【テッサのお墓参り】を振り返りながら
私がこの8年以上待ちに待った『フルメタルパニック』について
語ってみました。

『フルメタルパニック』知っている人も知らない人も是非
読んで、アニメ『フルメタルパニック』に興味を持ってくださると嬉しいです。

 

1.フルメタルパニック基本情報・紹介するストーリーあらすじ

 

1-1『フルメタルパニック』基本情報 アニメ4期について

①フルメタルパニック!基本情報

ライトノベル『フルメタルパニック!』とは富士見書房ファンタジア文庫から
出版されていた作品です。
賀東招二さん原作 イラスト 四季童子先生。

簡単なあらすじ
「ミスリル」という特殊傭兵部隊で任務を遂行する高校生相良宗介と
ブラックテクノロジーという近未来の技術や知識を持つ
「ウィスパード」と呼ばれる少女千鳥かなめとのドタバタラブコメディー。

彼ら彼女らにまつわるシリアスなミリタリーアクション重視の長編シリーズと
ドタバタした日常生活・学園生活を中心に描かれた短編シリーズで構成されています。

長編シリーズ『フルメタルパニック!~戦うボーイミーツガール~』から刊行され、
最終巻『フルメタルパニック!ずっと、スタンド・バイ・ミー(下)』で締めくくられています。
長編作品が全12巻。
短編作品が『放っておけない一匹狼?』から始まり、『マジで危ない急死に一生?』までの全9巻。
サイドアームズとして刊行された 『音程は哀しく、射程は遠く』、『極北からの声』の全2巻

全23巻!!!
フルメタルパニック!ライトノベルは長く愛されて無事に終了した作品になります。
となっていますが、
この短文では語りつくせない程に魅力が詰まっています。

続いて

②アニメ『フルメタルパニック!Invisible Victory』について

まず、始めにこちらのPVをご覧ください。

↑山田タマル / Even…if -Music Video-(『フルメタル・パニック! Invisible Victory』OP主題歌)

山田タマルさんは、アニメ放映記念で上映された映画でも主題歌を歌ってくださっていました。
『フルメタルパニック!』1~3巻の内容は本当に映画にして欲しかった作品なので
観れて感動したことを覚えています。

今後の第四期のアニメのストーリー

“アマルガムのガウルン、ゲイツといった強敵を倒し、いつもの平和な 日常が戻った「陣代高校」。しかし、そんな日々は長くは続かなかっ た・・・。失態続きのアマルガムは、本気で相良宗介たちに襲いかかってくる。世界各地のミスリルの基地が強襲される!テッサ率いるトゥア ハー・デ・ダナンが格納されている「メリダ島」も多数のミサイル、アーム スレイブによって攻撃される。一方、日本の宗介、かなめにも魔の手が迫っ ていた!!再び、宗介、かなめ、テッサたちに試練が訪れる!”

アニメ公式サイトより

<STAFF>
原作:賀東招二
原作イラスト:四季童子(ファンタジア文庫刊)
監督:中山勝一
シリーズ構成・脚本:賀東招二
制作会社:ジーベック

期待がたかまる上にこのスタッフ陣を心から応援しています。

『踊るベリーメリークリスマス』以降のストーリーは、怒涛のバトルのオンパレードで
笑いなんて一切なく、シリアス一色であることを覚悟しておいたほうがいいです。

短編で描かれてきた笑えていた日常は嘘のように失われ、
均衡の保たれていた学園生活も千鳥かなめが
レナード・テスタロッサの元に行った時に崩壊してしまった。
宗介は小野Dや常盤恭子達クラスメートにただ「千鳥を連れ戻す」とだけ伝えて彼らと別れを告げた。

一方、テッサはミスリルの基地もこてんぱんにされ、ただ我々は絶対にあきらめない!
絶対に勝つという信念だけを胸に再起をかけて奔走していく・・・

千鳥かなめ・相良宗介・テレサ・テスタロッサの各主要キャラの戦いと
フルメタルパニック!の長編の中でもっとも面白い作品がとうとう映像化されます。
ファン待望のアニメ『フルメタルパニック!Invisible Victory』
4月13日より放送開始!!!

今日の本題のテッサの短篇書き下ろしの話にいきたいと思います。

フルメタルパニック!短編最終巻
『フルメタルパニック
マジで危ない 九死に一生?』について紹介していきます。

 

 

1-2短編集収録【テッサのお墓参り】ストーリーあらすじ

アニメファンでもマンガファンでも
この【テッサのお墓参り】はこの小説を読まなきゃわからない。

原作好きで、小説好きでよかったなと
こういうときは思います。

短編小説  『フルメタルパニック!マジで危ない 九死に一生?』

『マジで危ない 九死に一生?』に書かれた書下ろしの見所は

1.メリダ島の最終決戦後のキャラの様子がわかる
2.ロニーという新キャラが意外といいこと言っている
3.アルの成長がすごい上に感慨深いものがあってファンにはたまらない

たぶん、この話はアニメにはならないんだろう。
だからこそ、テッサのお墓参りのエピソードはお伝えしておきたい。

では、【テッサのお墓参り】の簡単なあらすじ紹介

メリダ島での最終決戦は想像を絶する戦いであった。
アマルガムとの激闘後、3ヶ月が経つ。あの戦いは遠い昔の出来事の気さえしていたと
テッサは振り返る。
戦いの結果、TDD-1(トゥーハー・デ・ダナン)も全壊になり、
それに伴い大佐という重責も降りた。
多忙な毎日から開放され、だいぶ気が緩んでいるテッサは
ミスリルで出会ったメリッサ・マオの家にお世話になっていた。

時間ができたテッサは、彼女が戦ったTDD-1のことや
AIアルがどうなったのかを唯一会いに行けていなかった今は亡き友人の所に報告へ行く。
AI(アル)の開発者バニ・モラウタのもとへ。

バニは、天才技術者でAI(アル)を開発した
テッサの友人で、若くして亡くなってしまった。

その開発されたアルとは、このフルメタルパニックで
唯一人間ではないけれど、主人公宗介と共に成長してきたAIで
とても印象的なキャラです。
このアルなくしては、この物語は語れないとも思っています。
そんくらい重要なキャラです。

宗介がなぜ戦うのか。なぜ、かなめを守るのか。
ミスリルにいる理由や自分のあり方
アイデンティティを見つけ、成長していくに伴い

AI(アル)もまた人工知能として
自ら考え、答えを摸索して
自立して選択することのできる
AIに成長する。

ド派手なASバトル以上に私は
この二人(一人はAIのキャラですが)の成長模様に特に注目して
小説を読んでいました。

アニメで観てもらうと面白いと私は思います。

詳しくは解説できませんが、
アルが成長しなければ、ハッピーエンドでは終われませんでしたし、
アルの成長は、宗介の成長がなければありえなかったと私は思います。

AIの成長という観点で考察するのは、また別の機会にできれば。

では、続いてこの作品の名言紹介。

2『フルメタルパニック』<テッサのお墓参り>名言紹介

 

2-1ロニーの名言 “理解するための象徴が、この一見くだらない石碑の数々なんだよ”

引用するシーンは、
バニの墓前まで来たテッサ・ロニーとアル。
アルに対してバニと話すことを提案するところからで、登場している人物は以下のとおり。

テレサ・テスタロッサ 〈天才艦長かつ大佐だった・陸上ではどんくさい少女)
バニ・モラウタ〈ARX- 7(アーバレスト)・後継機レーバテインに搭載されたAIのアルの開発者)
ロニー〈バニの故郷で出会った少年〉
AI〈アル〉

 

ロニーの名言

 

“「ペジェ統計とか?そういう習慣があるなら、まあいいんじゃない?
人間の脳みそがやってることだって、似たり寄ったりだし。・・・・・とにかく
大事なのは、そこに彼がいると仮定することさ。君を大事に育んだ、
そのバニって人がどこかにいて、君をどう思っているのか。それを理解するための象徴が、この一見くだらない石碑の数々なんだよ」”

『フルメタルパニック!マジで危ない九死に一生?【テッサのお墓参り】より

・引用した名言までのシーン紹介
バニの墓前まで来たテッサ・ロニーとアル。
アルに対してバニと話すことを提案するところからです。

“「バニのお墓がすぐそこにありますよ。話してきたらどう?」

アルの心を載せた〈アラストル〉は、振り返った姿勢のまま
しばらく沈黙した。

《それはジョークと解釈すべきでしょうか?》

「ジョークじゃないわ」

《良く理解できません。バニ・モラウタはもうすでに死亡しているはずですが》

「まあ、そうなんですけど・・・・」

《存在しない人物との対話は不可能です。それをあなたは勧めてくる。難しい隠喩です。良ければ別の分かりやすい言葉に置き換えて説明していただけますか?》

「隠喩とかじゃなくて・・・・・これは・・・・・うーん」

テッサが考えあぐねていると、ロニーが口を挟んだ。

「なあ、アルっていったっけ?墓参りってのは、要するに自分との対話だよ」
《自分との対話、ですか》
「自分の心の中にいる、故人との対話ってことさ。自分がこう言ったら、
その人はなんて答えるのか?それを想像するんだ。
言い換えるならシミュレーション。
そうやっていろんな想像をしているうちに、いまの自分についていろんなことが
明らかになってくる。自分のやりたいこと、どうやって生きたいか、
何が悩みなのか、どこにジレンマがあるか。それを探る行為ってわけ」

《自身のコンディションについてチェックするなら、自己診断で事足りるのでは?》

「自己診断じゃなくて、内省が必要なんだ」

《内省》

「人生に悩みながら、己と向き合うこと。テッサは直感的に、君にそれが必要だと思ったから勧めたんじゃないの?」
アルは10秒ちょっと、沈黙した。

中略

《統計を利用してもいいのでしょうか?》

「ペジェ統計とか?そういう習慣があるなら、まあいいんじゃない?
人間の脳みそがやってることだって、似たり寄ったりだし。・・・・・とにかく
大事なのは、そこに彼がいると仮定することさ。君を大事に育んだ、
そのバニって人がどこかにいて、君をどう思っているのか。それを理解するための象徴が、この一見くだらない石碑の数々なんだよ」

中略

《ありがとうございます、ロニー。意義は理解しました。》
「そりゃ、良かったね。じゃあ、行ってきなよ」”

『フルメタルパニック!マジで危ない九死に一生?【テッサのお墓参り】より

【墓参り】という行為は、確かに亡き故人との対話になって、
自分との対話になります。そして内省する行為なんだと
改めて気づかせてもらいました。

誰にだって大切であった人達がいます。
その故人との対話は、私にはできるのだろうか。

そして、もっと言うなら
この自分がいくべき方向性を決めるときに
内省ができるのだろうか。

きっと、アルもテッサもすべての戦いが終わって
ここで言う内省する必要があったということなのだと思いました。

2-2.アルの名言  “人生を戦い、困難に立ち向かってからでなければ・・・”

アルの名言1

“《バニ・モラウタは私を誇りに思ってくれています。きびしい戦いを経て、ひとかどの戦士に成長し、こうして彼のもとを訪れた。それだけでも奇跡的なことです。こうなるとは思わなかったと。彼は、私が何者になるのか、おそらく決めていなかったのでしょう》”
『フルメタルパニック!マジで危ない九死に一生?【テッサのお墓参り】より

アルの名言2

“《おそらくですがー人生を戦い、困難に立ち向かってからでなければ、
声は聞こえないのだと思います。あなたもいつか・・・・中略・・・・》”

『フルメタルパニック!マジで危ない九死に一生?【テッサのお墓参り】より

ロニーに対して
アルから人生を戦い困難に立ち向かってからでなければ、
大切な故人からの声が聞こえないと言っただけでなく、
あなたもいつか・・・とロニーに対して励まされていることが
とても印象的で気に入りました。

 

3.【テッサのお墓参り】まとめ

 

3-1【テッサのお墓参り】まとめ

短編小説  『マジで危ない 九死に一生?』【テッサのお墓参り】の見所は

1.メリダ島の最終決戦後のキャラの様子がわかる
2.ロニーという新キャラが意外といいこと言っている
3.アルの成長がすごい上に感慨深いものがあってファンにはたまらない

テッサのお墓参りについてのレビューなのに
全くテッサの名言が見つけられなくて紹介できませんでした。

でも、テッサのバニへの思いやAIアルの
可能性について語られているのも特に面白いですよ。

そして今回ロニーという新キャラがまた孤独な少年で・・・

詳しくは読んでもらいたいので、書きませんが
本当にここに出てくる人達の名言はとても
心にささる言葉が多くて、ロニーもいいこと言っています。

私が一番この作品でとても良かったなと思ったシーンは
実はアルのロニーに対しての言葉かけのところだったりします。

AIは、人工知能でありますが、アルがしている
言葉かけや行動は、自身で判断して
相手のことを思いやるという行為です。

とても現在の機械の知能にはできなかったことだと思いますし、
原作の最初で登場してきたアルにもできなかったことです。

ここまで、原作を読み続けてきてわかったことは
今回出てきませんが、主人公相良宗介とアルが

最終決戦まで戦い続けてきて
宗介もアルも共に成長した。

その結果が今回のロニーにたいして伝えられた
励ましになるのではないかと思うんです。

全てのストーリーは繋がっていて
このAI(アル)の名言になっている。

アルの名言は裏を返せば、宗介の成長した証拠とも言えて
なんとも感慨深いものがありました。

原作『フルメタルパニック』を安く買うならここから

春アニメ『フルメタルパニック』

↓ここでまとめて安く買えます

http://www.ebookjapan.jp/ebj/159832/volume12/

春アニメ『フルメタルパニック』


この投稿は試し読みを薦めています。
読んでみて今度買うマンガを探すという使い方を特にオススメします。
気にいれば、継続して登録するもよし、嫌ならやめてもよし。

このマンガサイトは登録しなくても読めるので、
是非試してみてください。

広告

コメントを残す